2018年04月27日

思い出の三ノ輪のイラストです。




明日からGWですね。
GWといえば、故人となった姉の住んでいた三ノ輪に毎年遊びに行っていました。
いい思い出でいっぱいの三ノ輪です。
これからの時代「老老々若男女」が都会に住むなら絶対、下町ですね。



minowa2018.jpg



不動産広告の『三ノ輪ご近所お散歩マップ』のイラストです。
”下町っぽすぎない”いいイラストに仕上がりました。
爽やかでGWらしいです。



さて、明日からenjoy三昧と行きますか!



あ。すでに毎日enjoy三昧か。



posted by 川井寛貴 at 15:33| 不動産関連イラスト

2018年04月24日

”となりのフジコさん”名刺です。




2018fujikosan_005.jpg



彼女は野菜作りの師匠です。
チャレンジャーです。



60過ぎにして、若い子に混じりの”農業女子セミナー”に参加。
(自力パワポ作りまでは無理だったそうです・・・)
”かまど”の飯がメインの『畑食堂』開設を目指しておられます。



吉見町のストロベリーロード、お近くまでいらした際には”愉喜夢詩農園”にお立ち寄りください。



5月までは旦那様が作るイチゴがあります。
お米もあります。
通年ではフジコさんが作る『三五八漬け』と、四季折々のお漬物がメインです。
化学調味料を一切使わない、田舎のお母さんが作るお味をぜひご賞味を。



20180427yukimushi_farmmeishi.jpg



posted by 川井寛貴 at 10:50| そのほかのイラスト

2018年04月12日

ガーデンデザイナー家族「吉見さんファミリー」です。




今日、畑に人参とニラのタネを蒔きました。
息抜きに薪割りをし、ブログでは”日干し煉瓦作り”の記事を書く。



イラスト真っ盛り、パーマカルチャー真っ盛り、これからがデザインの本番です。



左のパパさんガーデンデザイナーは、東急ホームズさんの”ミルクリーク”新規カタログに登場してもらっています。
(カタログは出ましたがWEB開設は3ヶ月後ですので、アップ後に公開します)
気がはやる川井は今日、彼の奥さんと子供を描いてみました。




yoshimifamiry_002.jpg




先日はイラストオフィシャルウェブサイトもリニューアル。
トップページの女性も新卒ティーチャーとして、新規に制作しました。



彼女いわく「goodですね」



interior_cordinator_004.jpg



posted by 川井寛貴 at 22:26| キャラクターデザイン

2018年02月21日

「小林いちご農園」さんのロゴデザイン承りました。




<一つの・ご縁=いち・ご園>



新規いちご農家に参入された、40代の男性からのオーダーは「”ご縁”を入れる」&「八角形の看板もデザインして欲しい」ということでした。



吉見町はいちごの産地。
近隣同業者にはない最先端の技術を取り入れた「小林いちご農園」さん。
新規参入者へのプレッシャーと、古い共同体との気苦労が大きくあると話されるオーナー氏。
なるほど、よくわかります。


2018kobayasihichigo_main.jpg


Octagon_kobayashichigo.jpg

「手描きの看板もお願いできないか?」と言うレア物件再来。



野地看板になるので、何重にも水性ペイントを重ね塗りをする。
最近の水性ペンキは、耐候性が強いので油性を使わなくてもいいのです。



20180201kobayashiichigo_farm001.jpg
20180201kobayashiichigo_farm005.jpg



軽トラに乗せられる看板を見送った。
お嫁に出す気分。



posted by 川井寛貴 at 09:48| ロゴデザイン

2018年02月10日

<エンジョイにアクセス>白黒塗り絵風イラストは続く。





<千葉は贅沢でいいね!>



”ほぼ東京です”というのは、物件に近い東京ディズニーランドと同じ。
僕の中では千葉といったら、館山・九十九里。
海。
息子が小さい時は、埼玉から毎年キャンプに行った。



ライステラスカフェ・ブラウンズフィールド”は、今でも心の中に刺さっている印象深い場所。
パーマカルチャー・サスティナブルを、ビジネスとして仲間同士がエンジョイしている世界に驚いた。
その記憶は、今でも昨日のように思い出せる。



そんな千葉県のマンション広告の@パンフレットAWEBBチラシのイラストをご紹介します。



<30代後半の独身女性>
使いやすい1LDK。
07woman.jpg




<50代の二人暮らしのご夫婦>
2LDK+αで段差のない、部屋を往き交いしやすいフラットな間取り。
07seni0r.jpg
<40代の夫婦>
3LDKは”ゆったり感”を出すように横広がりの間取り。
07dinks.jpg
<40代の三人家族>
3LDK+アルファ・充実した収納スペース。
07family.jpg
posted by 川井寛貴 at 06:59| 不動産関連イラスト

2018年02月09日

妙典でハゼ釣り!




妙典はアウトドアリテラシーが異常に高い。
週末のリバーサイドでデイキャンプは当然。
BBQをしながらのハゼ釣り、船着場。
サイクリングで東京湾まで行けるetc...



myoutenmap2018.jpg



これまで仕事でいろんな街を描いて来た。
その中でも、一二を争うENJOY THE GOODな場所だった。
新日本建設さんの物件『エクセレントシティ市川妙典』のお仕事です。



posted by 川井寛貴 at 21:57| 不動産関連イラスト

2017年10月11日

『となりのフジコさん』ロゴ&商品販促シールデザイン




4人息子の他に里子さんをも育てながら、60を過ぎてもマーケティングのセミナーを受講するパワフル&リアル肝っ玉母ちゃん。
それがフジコさんです。



道の駅「いちごの里」などで販売している漬物の”販促ラベル”が昨日刷りあがりました。



20171011yukimushi_farm002.jpg
20171011yukimushi_farm001.jpg



左はぬか漬け。
右は三五八漬け。
この2点に絞って販売するということです。
今日からお店に並んで、多くの人に手に取っていただけると思うだけで、下のロゴのように笑顔になっちゃいます。
”ゆきむし”農園です。




20171011yukimushi_farm004.jpg



20171011yukimushi_farm003.jpg



posted by 川井寛貴 at 09:43| ロゴデザイン

2017年08月30日

<全て完納>亀戸七福神マップ&キャラクターデザイン




今回の「ガーラレジデンス亀戸セントラルパーク」の一番のハイライト。
七福神のキャラクターデザインです。



2017_7god.jpg


物件PRの「行楽地マップ」に江戸文化の紹介として天神様やお寺も描きました。
そして最終的にマップにドロップ。



2017_7godmap_temple.jpg
2017_7godmap.jpg


先週車で亀戸に行ってきました。
「東京大空襲」という朗読劇を息子の学園のイベントとして、カメリアホールに。
子供たちを日産キャラバンに乗せバン数台でキャラバン隊を組む。
高速を使い、学園そばのインターから乗れば圏央道経由で1時間ジャスト(+α)で到着。



ち、近い。
昔と変わらず、若者からお年寄りまで幅広く人が賑わう、活気のある下町ザ・東京。
この風情の残る亀戸に、1時間で行けるなんて。
まるでドアツードア。
とはいえ、朝5時起きの畑作業&仕事疲れ&運転の慎重度マックスで、眠くて眠くて劇の半分寝てしまう。
(おかげで、運転中に眠くならなかった)


posted by 川井寛貴 at 21:35| キャラクターデザイン

2017年08月08日

KAMEIDO disney-land的 WIDE MAP 2 (2017夏)




「ガーラレジデンス亀戸セントラルパーク」の入稿が畳みかけます。
11年ぶりの亀戸マップ制作のオーダーは、前回同様定番のイラストタッチ。
横浜でもなく二子玉川でもなく、田無や亀戸というファミリーに優しい街はこのタッチが似合う。



2017kameido_WIDE_hpMAP.jpg
2017kameido_WIDEMAP.jpg

手間をかけて描いたつもりでも、デザイナーさんの力に「参りました」という更なる仕上がりアップを、今回も見せつけられました。



posted by 川井寛貴 at 11:13| 不動産関連イラスト

2017年08月01日

夏!かめくん家族に続き「LaLaLa音叉かぞく」デビュー




この響きは伝わるでしょうか?



〜夏休み〜
もう8月になっちゃった。
7月こそが僕の夏休みなのです。



和光学園さん広報部からのご依頼、キャラクラーデザイン。
新鮮出来たてホヤホヤ。



20170801onsa_family_TOP.jpg



「親と子供」の共感性・響きあう関係性がテーマ。
彼らは「音叉かぞく」
音叉といえば「ラ」
ラララ音叉かぞくの夏休みはまだまだ続きます。



20170801onsa_family.jpg



posted by 川井寛貴 at 10:58| キャラクターデザイン

2017年07月31日

亀戸「かめくん」キャラクター初出勤




ディズニーランドのように楽しさいっぱい、ホームページやっとの初公開。
デザイン&ロゴはお馴染み僕らのインディゴさん。
う〜ん、さすがの仕上がり。



20170731galaresidence_kameidoHP.jpg



マンションに興味のある方、是非こちらのHPにお立ち寄りくださいね。
(ディベロッパーは(株)エフ・ジェー・ネクストさん)



20170731kamesan_001.jpg




偶然にもこの新築物件は、10年前に手がけた、ほぼ同じ場所の物件。
10数年後の亀戸は、さま変わりしているようです。
当時結構楽しかった「サンストリート」は再開発で無くなっていたり、高速道路下にカヌー乗り場やテニスコートが、リバーサイドBBQエリアができていて”遊べる川のまち”として進化している。



20170731kamesan_004.jpg



とにかく怒涛の仕事量だった。
手がけ始めたのは、春先から。
@メインキャラクター「かめくん家族」一式
A広域マップ
B狭域マップ
C行楽地マップ&七福神キャラクターデザイン(HP上comming soon・・・なので作品集で近日公開予定)



そうなんです。
お寺巡りも充実してたんだ。
はや、10数年前の仕事では制作テーマにはなかったせいもあり、ロケハンに行ったにもかかわらず知らなかった。
歌川広重の太鼓橋の絵は亀戸天神境内。
いいよね。
歴史と進化がいい塩梅で混ざってる。



posted by 川井寛貴 at 14:51| キャラクターデザイン

2017年07月15日

「週刊新潮」イラスト2017<その2>




2017summer_main010.jpg
2017summer_next010_2.jpg



蒸し暑さもどこかへ飛ぶ、夏の花火祭。



三井住友銀行さんのキーカラー「緑」をワンポイントベースが主なオーダー内容。
今回も”シニアライフ特集”なので、メインキャラクターデザイン設定は50代の夫婦の家族。
前回とは別の家族ストーリーに沿って描きます。



2017weekly_shincho_summer.jpg



posted by 川井寛貴 at 21:09| 金融・ビジネス系

2017年07月05日

「PLAYER's ONLY Stadium」ダイワハウスグループさんの広報誌6・7月号




<次のバッターボックスに立った時、どんなパフォーマンスを出せる自分が「そこ」にいるのか>

2017takaotown_FAMILY001.jpg

昨日のカープは本拠地広島で、今期超弱い巨人に0-3で負けた。
仕事をしながらのTBSラジオ観戦。
8回の裏でスイッチを消す。
まるでオヤジ。



2017takaotown_FAMILY002.jpg
takao_town_FAMILY003.jpg




posted by 川井寛貴 at 16:25| キャラクターデザイン

2017年06月05日

「Tierra」フラメンコイベントの現地ポスター




このところレア物件の続きの『番外編』です。



20170605tierra003.jpg



フラメンコダンサー北原志穂さんのイベント当日のポスターを、これまた急遽製作。



B2サイズのアクリル手描き。
武蔵美卒のパパ友に「それって”手描きのレタリングだよね?」と言われ、その懐かしい響きに学生時代を思い出す。



20170604tierra_drawing003.jpg



群馬中芸の音響・照明のプロのスタッフにステージはお任せするも、他は全て息子の学園主催の素人の手弁当。
ポスターは正面ホールの一番目立つ飾りの中に飾っていただきました。



20170604tierra_drawing002.jpg



”海綿”を使って『Tierra=大地=地球』をイメージして色を置く。
マスキングインクとマスキングテープ大活躍。



20170604tierra_drawing001.jpg



志穂ちゃんの公演は全400席が埋まり、立ち見が出るほどの大盛況で幕を閉じる。
中でも、吉村安見子さんの不思議なピアノ紙芝居演劇?は見応えがあった。
ピアノテクニックと複雑な演出構成で、怒涛のクリエイティビティで演じられていた。



posted by 川井寛貴 at 11:39| そのほかのイラスト

2017年06月02日

「今回はフラメンコです」絵を描かないイラストレーターレア物件<その二>




づいている。
息子の学園の卒園生で園の仲間”フラメンコダンサー北原志穂”さんのチラシを制作。
またイラストを描かないレア物件。



志穂ちゃんのステージでのギター・カンテは毎度スペイン人のプロ。
ワールドミュージックが大好物な川井としては、毎回スパニッシュギターコンサートとしても、存分に彼女のステージを楽しんでいる。


20170604tierra_009.jpg
20170604URA_tierra_004.jpg


先日息子たちもスペイン製のフラメンコシューズを手に入れ、第二部にバイレ(踊り子)として志穂ちゃんに花を添える。



いや、志穂ちゃんが花かな。
じゃあ息子はハチ?
蝶々?



彼女とのチラシ作りは、これで数回目。
今回も女性ならではアイデア「水玉」と、ロゴの「斜体・斜体・斜体オーダー」の、自分にないセンスを吸収できて勉強になった。



posted by 川井寛貴 at 15:54| そのほかのイラスト

2017年05月18日

2017夏のシンポジウムポスター&フライヤーの制作




イラストを全く描かない仕事はレア物件。
田園調布学園大学大学院さん主催のシンポジウム「江戸の子育て現代の子育て」のご紹介です。

20170519edochildrenposter.jpg


このご依頼を頂いた時、そのテーマに他人事ではない内容に驚きました。



なぜって?
まさに江戸の寺子屋風の”遊びながらの学び”というシステムを体現している、僕の息子の通う学園の存在とダブるから。
メイン画像に使用した絵、様々な年齢の子供たちが一同に揃い、一人の園長に学ぶそのままの息子の学園が、この浮世絵に描かれている。(画像は公文教育研究会からお借りした)



人間同士の多様性が認められるならば、その人(子供)の個性を求められる必要はない。
皆最初から個性があり、自己実現しているのだから。



他者に「個性をもっと持ちなさい」と言う人の意図は”あなたはそのままではダメだ!”と言うこと。
相手の「個の」性格を認められないから、相手を強いる言動が生まれる。
争いが起こる。
戦争が起こる。
夫婦喧嘩が起こる。



目の前にいる相手の性格だけでも、認められる能力があれば、世界はもっと良くなるのではないか。
まあ言うは易いが、長年同じ他人と一緒いる夫婦関係となると、簡単に一筋縄ではいかないこと。
今の北朝鮮もそうだ。
だから、話し合いを続けるテーブルに着くしかない。
「あなたとわかりあいたい」という同じテーブルに上に。



相手が”どんなことを考えていて””どんなことを望んでいるのか”を互いに認識し合うことが大切。
その認識が好きでも嫌いでも、受け入れられる感覚を”(心を)開いていること”が大切。



受け入れることが、簡単にできないのが僕ら。
なかなか行動にできない僕たちが、それでも『できること』をするだけです。



posted by 川井寛貴 at 21:20| そのほかのイラスト

2017年04月26日

「生命種」発刊記念&書籍イラストレーション




駆け出しの頃から僕を支えてくれている「紀元アカデミア」主宰の三好由紀彦氏の新刊表紙イラストです。
「ほんの数分で殴り描きをしたラフ」が決定稿に選ばれるという、珍しいレア物件。



20170426seimeishu_001.jpg
20170426seimeishu_002.jpg



僕の最終的な形は、下のイラストをイメージしていた。



20171229seimeishu_gray002.jpg




いやはや、これじゃないよね。
あはは。



別の案もあった。


line_being_007.jpg
taisho_001.jpg



posted by 川井寛貴 at 14:23| そのほかのイラスト

2017年04月12日

ハンディキャップを持った方(障害者の方)のためのカヌーイラスト




(有)エックスワン様から、障害者スポーツ事業のイラストの発注を受けました。
下半身が不自由な方でもカヌーは乗れるのです。



20170412canoe_woman.jpg



一昨年初めてカヌーで川下りをした、あのドキドキ感。
バイクに乗るようなスリルがたまらなかった。
バイクに乗れなくてもカヌーなら、障害者の方でも”あの刺激的な経験を”川で楽しむことができる。



posted by 川井寛貴 at 21:36| キャラクターデザイン

2017年04月04日

リノベマンション立体透視イラスト




リノベーションマンション関連のイラスト依頼が多いです。



「どこをどのようにグレードアップさせたのか?」
その実作業を、わかりやすくご紹介するためのイラスト。



yamatokawai_2017.jpg




posted by 川井寛貴 at 15:24| 不動産関連イラスト

2017年03月02日

続・「SENSE make HOME」住宅<線画イラスト>




東急ホームズさんの注文輸入住宅ミルクリーク・イラスト、
猫の「みるく・りくちゃん」に続き、住宅間取りイラストのご紹介。



水彩で10タイプの個性的な洋館をアイコンバッジ風に完成。



20170302tokyuhomes_011.jpg



さすがの(株)インディゴさんならではのデザイン&ディレクション。
いつもながら秀逸。



邸宅アイコンイラストを、マグカップに貼り付けるアイデアには驚いた。



20170302tokyuhomes_003.jpg
20170302tokyuhomes_004.jpg



こちらを邸宅購入者さんに記念ノベルティとしてプレゼントすると、更に素敵だね。
ピンバッジにして、営業の方がスーツにさりげなくつけているなんて、それもいいね。



20170302tokyuhomes_002.jpg



次は10タイプの邸宅の構造を、わかりやすく紹介するためのイラスト。
(構造原案はインディゴのMr.carp男子Tさん)



こちらは広い一階に「風通しのいい空間づくりがメイン」の邸宅を表現。



20170302tokyuhomes_006.jpg
20170302tokyuhomes_008.jpg



次は日当たりに特化した邸宅を表現。



20170302urbany_001.jpg



20170302rparis_001.jpg



こちらはギャザリングルーム・お客様や家族の集う場所の導線、使いやすさを表現。
2016millcreek_grand.jpg


10タイプの構造をA4サイズで描画。
まずはillustratorで線画に仕上げ、それを元にライトスタンドでトレースへ。
こちらは手描きの鉛筆のみで仕上げた。



B0パネルや建設現場看板にも対応。



今回は何と言っても総数150Pの冊子。
何度見ても見る箇所があり続ける、興味を維持できる住宅カタログはそうそうない。
「購入予定のお客様・そうでないお客様」にとっても見応え、読み応え充分。
”casa BRUTUS”の隣にどうぞ・・・・的な。



20170302tokyuhomes_001.jpg
20170302tokyuhomes_009.jpg



posted by 川井寛貴 at 21:16| 不動産関連イラスト